FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オロビアンコ紹介サイト:ファショコン通信

ファショコン通信はその名の通り、ファッションの情報サイトです。

各ブランドの情報が見れて、商品の検索や関連ブランドのチェックもできます。さらには情報交換までも。


主に有名ブランドの概説や最新情報などあらゆる情報を網羅的に紹介しています。国内のブランドから海外のブランドに至るまで、気になる情報がたくさん投稿されています。

ちなみに、オロビアンコの説明はというと・・・、↓こんな感じ。


---以下、ファショコン通信 > 関連ブランド調査 > オロビアンコ より引用---

ブランドメモ
・ハッキンイット(Hakkin.it)というラインもある。
・ファクトリーはイタリア・ミラノ近郊のガララーテ(GALLARATE)にある。
・創立者は、ジャコモ・マリオ・ヴァレンティーニ(Giacomo Mario VALENTINI)とエリサ・ロヴァティ(Elisa LOVATI)。
・1996年に創立したイタリアのファクトリーブランド。

---以上、ファショコン通信より引用---


う~ん、う~ん、ちょっと、寂しいなぁ・・・(涙)

でもでも、インターネットのファッション業界ではとてもよく知られたサイトなので、他のブランドにも興味がある方はぜひぜひ覗いてみてくださいね。
スポンサーサイト

オロビアンコ紹介@Begin定番ブランドファイル

---以下、Begin定番ブランドファイルより引用---

オロビアンコ【OROBIANCO】


創業年:1996年/原産国/イタリア

メイド・イン・イタリーでこだわり抜いた超人気ブランド

 現在、セレクトショップの鞄売り場で、オリジナルアイテムから別注モノまで“見かけないことがない”といっても過言ではないほど人気を集めている、オロビアンコのバッグ。
 創設者でありデザイナーでもある、ジャコモ・ヴァレンティーニ氏がミラノでブランドを立ち上げたのは1996年。その創業時から一貫して、バッグファクトリーにしては珍しく、すべてメイド・イン・イタリーでこだわり抜いた素材やパーツを使用していることが特徴だ。また、多彩なカラーバリエーション、そして卓越した職人の縫製技術も見逃せない。
 これらは世界中で評価され、日本でもビジネスマンはじめ数多くのファンを獲得し、ショップ別注モノの常連ブランドにもなった。また、オーナーのジャコモ氏が彼ならではの感性を発揮し、各ショップの多様なリクエストに応えてくれるのも、人気の理由だろう。
 最近では財布やペンケースなど、バッグ以外の革小物も続々登場しているので、多彩化するラインナップから目が離せない!

Beginの購読は↓こちらからどうぞ
begin_saishinBeginを定期購読する
(世界文化社ダイレクト販売)
7,560円(定価630円×12号分)


Begin最新号を購入する
(クロネコヤマトBOOK SERVICE)
定価630円

Appendix

search by word

search by item

全アイテム一覧

select shop

  • オロビアンコ取扱ショップのバイズ
  • オロビアンコ取扱ショップの東京ライフ
  • オロビアンコ取扱ショップのスティーレ
  • オロビアンコ取扱ショップのZOZOTOWN
  • オロビアンコ取扱ショップのZOZOTOWN
  • オロビアンコ取扱ショップのZOZOTOWN
  • オロビアンコ取扱ショップのZOZOTOWN

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

Analyzer

フリーエリア

オススメショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。